>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   九日藍田崔氏荘(杜甫)

九日藍田崔氏荘(杜甫)

九日藍田崔氏荘きゅうじつ藍田らんでんさいそうにて)
杜甫とほ     
  • 七言律詩。寬・歡・冠・寒・看(平声寒韻)。
  • 『全唐詩』巻224所収。ウィキソース「九日藍田崔氏莊」参照。
  • 九日 … 九月九日、重陽の節句。
  • 藍田 … 長安の東南、終南山の麓にある形勝の地。
  • 崔氏 … 人物については不明であるが、母方の親戚と思われる。
  • 荘 … 別荘。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
老去悲秋強自寬
って悲秋ひしゅう いてみずかゆるうす
  • 老去 … だんだん年をとってゆくこと。
  • 悲秋 … もの悲しい秋。
  • 寛 … 気持ちをひろく持つこと。
興來今日盡君歡
きょうきたって今日こんにち きみかんつく
  • 興来 … 興のわくままに。
  • 今 … 『全唐詩』には「一作終」との注がある。
  • 尽君歓 … あなたのもてなしを十分に受けつくす。
羞將短髮還吹帽
ずらくは短髪たんぱつぼうかるるを
  • 羞 … 恥ずかしい。
  • 短髪 … 年をとって短く薄くなった髪の毛。
  • 将 … 以てと同じ。
  • 吹帽 … 風に帽子を吹き飛ばされる。晋のもうが帽子を吹き飛ばされ、桓温かんおんが人に文章を作らせてからかったが、孟嘉は平然と名文をもってそれに答えたという『晋書しんじょ』に見える故事をふまえる。
笑倩旁人爲正冠
わらって旁人ぼうじんたのみてためかんむりたださしむ
  • 旁人 … 隣りの人。
  • 倩 … 人の手を借りること。
藍水遠從千澗落
藍水らんすいとお千澗せんかんより
  • 藍水 … 藍田の附近を流れる川の名。
  • 千澗 … 多くの谷間。
玉山高竝兩峯寒
玉山ぎょくざんたか両峰りょうほうならべてさむ
  • 玉山 … 藍田山。
  • 並両峰 … 玉山を真ん中にはさんで二つの峰を並べる。
明年此會知誰健
明年みょうねん かい る たれけんならん
  • 此会 … この宴会。
  • 健 … 健在でいる。『全唐詩』には「一作在」との注がある。
醉把茱萸子細看
うてしゅってさい
  • 酔 … 『全唐詩』には「一作再」との注がある。
  • 茱萸 … 和名カワハジカミ。重陽の節句に、丘に登るとき、髪に茱萸の実を刺して厄除けのしるしとする風習があったという。
  • 把 … 手に持つ。
  • 子細看 … しげしげと見ること。
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句