>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   曲江対酒(杜甫)

曲江対酒(杜甫)

曲江對酒曲江きょくこうにてさけたいす))
杜甫とほ     
  • 七言律詩。歸・微・飛・違・衣(平声微韻)。
  • 『全唐詩』巻225所収。ウィキソース「曲江對酒」参照。
  • 曲江 … 長安の東南にあった池の名。曲江池。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
苑外江頭坐不歸
苑外えんがい江頭こうとう してかえらず
  • 苑外 … 離宮の御苑の外。苑は芙蓉苑をさす。
  • 江頭 … 曲江のほとり。
水精宮殿轉霏微
水精すいしょう宮殿きゅうでん うた霏微ひび
  • 水精宮殿 … 水晶で造った美しい宮殿。
  • 宮 … 『全唐詩』では「春」に作り、「一作宮」との注がある。
  • 転 … いよいよ。ますます。
  • 霏微 … もとは雨や雪などがちらつく形容であるが、ここでは水晶の宮殿がきらきらと光るさまをいう。
桃花細逐楊花落
桃花とうかこまかに楊花ようかうて
  • 細逐楊花落 … 『全唐詩』には「一作欲共梨花語」との注がある。
  • 楊花 … 柳の綿毛。りゅうじょ
黄鳥時兼白鳥飛
黄鳥こうちょうとき白鳥はくちょうねて
  • 黄鳥 … ウグイス。
  • 時 … 『全唐詩』には「一作仍」との注がある。
  • 白鳥 … しらさぎ。
  • 兼 … ~とともに。
縱飮久判人共棄
いんほしいままにしてひさしくはんす ひとともつるを
  • 縦飲 … ほしいままに酒を飲むこと。
  • 判 … ここでは世間の付き合いを放棄するの意。「拚」に作るテキストもある。同義。
  • 人共棄 … 世の中の人がみな自分を見捨てる。
懶朝眞與世相違
懶朝らんちょう まことあいたが
  • 懶朝 … 朝廷へ出仕するのを怠ること。
吏情更覺滄洲遠
じょうさらおぼゆ 滄洲そうしゅうとおきを
  • 吏情 … 官吏としての心情。
  • 吏 … 『全唐詩』には「一作含」との注がある。
  • 滄洲 … 東海にあるという仙人の住む所。
老大徒傷未拂衣
老大ろうだい いたずらにいたんでいまはらわず
  • 老大 … 年をとること。
  • 徒 … 『全唐詩』では「悲」に作る。
  • 徒傷 … むなしく嘆きをかこつ。
  • 払衣 … ここでは官職を辞すること。
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句