>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   春望詞四首 其三(薛濤)

春望詞四首 其三(薛濤)

春望詞四首 其三
春望しゅんぼう四首 其三)
薛濤せっとう
  • 〔出典〕 『全唐詩』巻八百三、他
  • 五言絶句。老・草(上声皓韻)、渺(上声篠韻)通用。
  • 春望 … 春のながめ。『全唐詩』には「一作望春」とある。
  • 薛濤 … 768~831。中唐の女流詩人。あざな洪度こうたく。ウィキペディア【薛濤】参照。
風花日將老
風花ふうか まさいんとするに
  • 風花 … 風に吹かれて散る花。
  • 日 … 日ごとに。
佳期猶渺渺
佳期かき 渺渺びょうびょう
  • 佳期 … 恋人と約束してあう日。
  • 渺渺 … はるかに遠いさま。
不結同心人
むすばず 同心どうしんひと
  • 同心人 … 心を同じくする恋人。
空結同心草
むなしくむすぶ 同心どうしんくさ
  • 同心草 … 草を「同心結び」に結ぶこと。「同心結び」はひもの結び方の一種で、夫婦の愛情のかたい結びつきにたとえられる。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行