>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   紫宸殿退朝口号(杜甫)

紫宸殿退朝口号(杜甫)

紫宸殿退朝口號紫宸殿ししんでん退朝たいちょう口号こうごう
杜甫とほ     
  • 七言律詩。垂・儀・移・知・池(平声支韻)。
  • 『全唐詩』巻225所収。ウィキソース「全唐詩/卷225」[15 紫宸殿退朝口號]参照。
  • 紫宸殿 … 大明宮たいめいきゅうの中にあった天子の御殿。宣政殿より一つ奥にあった。「ししいでん」とも。
  • 退朝 … 朝廷から退出すること。
  • 口号 … 口をついて出たままの作。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
戸外昭容紫袖垂
戸外こがい昭容しょうよう 紫袖ししゅう
  • 昭容 … 女官の階級の名。百官が天子に拝謁する朝見の儀のとき、進行役をつとめる。
  • 紫袖 … 紫色の袖。
雙瞻御座引朝儀
御座ぎょざ双瞻そうせんして朝儀ちょうぎみちび
  • 双瞻 … 両側から御座を見ること。
  • 朝儀 … 朝廷で行われる儀式。
香飄合殿春風轉
こう合殿ごうでんひるがえって春風しゅんぷうてん
  • 合殿 … 宮殿全体。
花覆千官淑景移
はな千官せんかんおおいて淑景しゅくけいうつ
  • 淑景 … 春の穏やかな日ざし。
晝漏稀聞高閣報
昼漏ちゅうろくことまれにして高閣こうかくほう
  • 昼漏 … 昼の時刻を告げる水時計。
  • 稀 … 『全唐詩』では「希」に作り、「一作聲」との注がある。
  • 高閣 … 外庭の高い楼閣。
天顏有喜近臣知
天顔てんがんよろこって近臣きんしん
  • 天顔 … 天子のお顔。
宮中毎出歸東省
宮中きゅうちゅうでて東省とうしょうかえごと
  • 東省 … 門下省のこと。作者は門下省に属していた。
會送夔龍集鳳池
夔竜きりょう会送かいそうして鳳池ほうちあつまる
  • 夔・竜 … 舜帝を補佐したといわれる二人の名臣。ここでは宰相たちを指す。
  • 会送 … そろって見送ること。
  • 集 … 『全唐詩』には「一作到」との注がある。
  • 鳳池 … 中書省のこと。鳳池(鳳凰池)のそばに、中書省があったことから。
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句