>   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   和左司張員外自洛使入京中路先赴長安逢立春日贈韋侍御及諸公(孫逖)

和左司張員外自洛使入京中路先赴長安逢立春日贈韋侍御及諸公(孫逖)

和左司張員外自洛使入京中路先赴長安逢立春日贈韋侍御及諸公
左司さしちょう員外いんがいの「らく使つかいしてけいり、中路ちゅうろ長安ちょうあんおもむき、立春りっしゅんい、侍御じぎょおよ諸公しょこうおくる」にす)
そんてき     
  • 七言律詩。廻・開・梅・來・才(平声灰韻)。
  • 左司 … 尚書省に属し、吏部・戸部・礼部の執務を監督する役所。
  • 張員外 … 張は姓。員外は官名。長官の補佐役。
  • 洛 … 洛陽。
  • 京 … 都。
  • 中路 … 中途。
  • 韋侍御 … 韋は姓。侍御は官名。侍御史。官吏の違法を摘発する官。
  • 及 … 『全唐詩』では「等」に作る。
  • 孫逖 … 山東省聊城県付近の人。また河南の人ともいわれる。ウィキペディア【孫逖】参照。
忽睹雲間數雁廻
たちまる 雲間うんかん 数雁すうがんめぐるを
  • 睹 … 見る。
更逢山上一花開
さらう 山上さんじょう 一花いっかひらくに
  • 一 … 『全唐詩』では「正」に作り、「一作一」との注がある。
河邊淑氣迎芳艸
河辺かへんしゅく芳草ほうそうむか
  • 淑気 … うららかな春の気。
  • 芳草 … よい香りのする草花。
林下輕風待落梅
林下りんか軽風けいふう落梅らくばい
  • 軽風 … そよ風。
秋憲府中高唱入
秋憲しゅうけん府中ふちゅう 高唱こうしょう
  • 秋憲府 … 御史の役所。御史台。
  • 高唱 … 格調の高い詩。張員外の詩をさす。
春卿署裏和歌來
春卿しゅんけい署裏しょり 和歌わかきた
  • 春卿署 … 礼部の役所。尚書省をいう。
  • 歌 … 『全唐詩』には「一作詩」との注がある。
共言東閣招賢地
ともう 東閣とうかくけんまねくのなりと
  • 東閣招賢 … 漢の宰相公孫こうそんこうが官舎の東の建物を開いて、賢者を招聘して住まわせた故事をさす。ウィキペディア【公孫弘】参照。
自有西征作賦才
おのずからり 西征せいせい つくるのさい
  • 自 … こちらにはちゃんと。
  • 西征作賦 … 西征は西への旅。「西征の賦」を作った潘岳はんがくの故事をふまえる。「作賦」は『全唐詩』では「謝傳」に作り、「一作作賦」との注がある。
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句