>   故事成語   >   た行   >   灯火親しむべし

灯火親しむべし

灯火とうかしたしむべし
  • 出典:韓愈「符読書城南」(『全唐詩』341巻)
  • 解釈:秋の夜は灯火の下で読書をするのにふさわしい。
……時秋積雨霽、新涼入郊墟。燈火可親、簡編可卷舒。……
……とくあきにして積雨せきうれ、新涼しんりょう郊墟こうきょる。灯火とうかようやしたしむく、簡編かんぺん巻舒けんじょし。……
  • 積雨 … 降り続く雨。長雨。
  • 霽 … 雨・雪などがやんで、空がすっきり晴れる。
  • 新涼 … 秋のはじめの涼しさ。
  • 郊墟 … 郊外の丘陵地。墟は丘。
  • 簡編 … 書物。
  • 巻舒 … 巻いたり広げたりする。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ