>   故事成語   >   た行   >   多多益々弁ず

多多益々弁ず

多多たた益々ますますべん
  • 出典:『漢書』韓信伝
  • 解釈:多ければ多いほどうまく処置する。多ければ多いほどよい。
上嘗從容與信言諸將能。各有差。上問曰、如我、能將幾何。信曰、陛下不過能將十萬。上曰、如公何如。曰、如臣、多多益辦耳。
しょうかつ従容しょうようとしてしん諸将しょしょうのうう。おのおのり。しょういていわく、われごときは、幾何いくばくしょうたる、と。しんいわく、陛下へいか十万じゅうまんしょうたるにぎず、と。しょういわく、こうごときは何如いかんいわく、しんごときは、多多たたますますべんずるのみ、と。
  • しょう … 漢の高祖、劉邦。
  • 信 … 韓信。
  • 幾何 … どれくらい。
上笑曰、多多益辦、何爲爲我禽。信曰、陛下不能將兵、而善將將。此乃信之爲陛下禽也。且陛下所謂天授、非人力也。
しょうわらいていわく、多多たたますますべんぜば、何為なんすれぞとりこる、と。しんいわく、陛下へいかへいしょうたることあたわざるも、しょうしょうたり。すなわしん陛下へいかためとらわるるなり。陛下へいか所謂いわゆる天授てんじゅにして、人力じんりきあらざるなり、と。
  • 禽 … 捕虜。
  • 将将 … 大将を指揮する大将。
  • 天授 … 天から授けられた才能。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ