>   故事成語   >   た行   >   多岐亡羊

多岐亡羊

多岐たき亡羊ぼうよう
  • 出典:『列子』説符
  • 解釈:分かれ道が多すぎて逃げた羊を見失った故事。学問の道が多方面に分かれているので真理を求めるのが難しいたとえ。「亡羊の嘆」とも。
大道以多岐亡羊。學者以多方喪生。
大道たいどう多岐たきもっひつじうしない、学者がくしゃ多方たほうもっせいうしなう。
  • 多岐 … 分かれ道がたくさんある。
  • 多方 … 多くの方法。
  • 喪生 … 生き方がわからなくなってしまう。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ