>   故事成語   >   た行   >   大義親を滅す

大義親を滅す

大義たいぎしんめっ
  • 出典:『春秋左氏伝』隠公四年
  • 解釈:国家の大事のためには親兄弟をも顧みない。
君子曰、石碏純臣也。惡州吁而厚與焉。大義滅親、其是之謂乎。
君子くんしいわく、石碏せきさく純臣じゅんしんなり。州吁しゅうくにくみてこうあずかる。大義たいぎしんめっすとは、これうか、と。
  • 隠公四年 … 前719年。
  • 石碏 … 春秋時代、衛の大夫。石厚の父。
  • 純臣 … 忠義の家臣。
  • 州吁 … 春秋時代、衛の公子。桓公の異母弟。
  • 厚 … 石厚。春秋時代、衛の大夫。石碏の子。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ