>   故事成語   >   さ行   >   推敲

推敲

推敲すいこう
  • 出典:『唐詩紀事』巻四十
  • 解釈:詩文の字句を何度も練り直すこと。唐の詩人賈島かとうが自作の句「僧はす月下の門」の「推す」を「たたく」にするかどうか迷い、何度も練り直したという故事から。
島赴舉至京、騎驢賦詩、得僧推月下門之句。
とうきょおもむきてけいいたり、りてし、「そう月下げっかもん」のたり。
  • 島 … 中唐の詩人、賈島。
  • 挙 … 科挙。
  • 京 … 国都。長安。
  • 驢 … ロバ。
欲改推作敲。引手作推敲之勢、未決。不覺衝大尹韓愈。乃具言。愈曰、敲字佳矣。遂竝轡論詩。
すいあらためてこうさんとほっす。きて推敲すいこういきおいをすも、いまけっせず。おぼえず大尹だいいん韓愈かんゆあたる。すなわつぶさにう。いわく、こうし、と。ついくつわならべてろんず。
  • 敲 … 門をたたいて案内を請うこと。
  • 引手 … 手振りをする。
  • 推敲之勢 … 推すとたたくのしぐさ。
  • 大尹 … 都の長官。
  • 韓愈 … 中唐の文人。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ