>   故事成語   >   さ行   >   守株

守株

守株しゅしゅ
  • 出典:『韓非子』五蠹ごと
  • 解釈:いたずらに古い習慣を守って、時勢に応じた処置ができないこと。「かぶを守ってうさぎを待つ」「かぶを守る」「くいぜを守る」とも。
宋人有耕田者。田中有株、兎走觸株、折頸而死。因釋其耒而守株、冀復得兎。兎不可復得、而身爲宋國笑。
宋人そうひとたがやものり。田中でんちゅうくいぜり、うさぎはしりてくいぜれ、くびりてす。りてすきててくいぜまもり、うさぎんとねがう。うさぎからずして、宋国そうこくわらいとれり。
  • 株 … 木の切り株。
今欲以先王之政、治當世之民、皆守株之類也。
いま先王せんのうまつりごともって、当世とうせいたみおさめんとほっするは、くいぜまもるのたぐいなり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ