>   故事成語   >   さ行   >   先んずれば人を制す

先んずれば人を制す

さきんずればひとせい
  • 出典:『史記』項羽本紀
  • 解釈:他人よりも先に事を行えば、有利な立場に立つことができる。
秦二世元年七月、陳渉等起大澤中。
しん二世にせい元年がんねん七月しちがつ陳渉ちんしょう大沢だいたくうちつ。
其九月、會稽守通謂梁曰、江西皆反。此亦天亡秦之時也。
九月くがつ会稽かいけいしゅとうりょういていわく、江西こうせいはんす。またてんしんほろぼすのときなり。
  • 会稽 … 会稽郡。ウィキペディア【会稽郡】参照。
  • 守 … 郡の長官。
  • 通 … 殷通いんとう。通は名。
  • 梁 … 項梁。項羽の叔父。ウィキペディア【項梁】参照。
  • 反 … 反旗を翻す。
吾聞、先即制人、後則爲人所制。吾欲發兵使公及桓楚將。
われく、さきんずればすなわひとせいし、おくるればすなわひとせいするところる、と。われへいはっし、こうおよ桓楚かんそをしてしょうたらしめんとほっす、と。
  • 公及桓楚 … あなたと桓楚。公は項梁を指す。
  • 将 … 将軍。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ