>   故事成語   >   ら行・わ   >   良薬は口に苦し

良薬は口に苦し

良薬りょうやくくちにが
  • 出典:『孔子家語』六本、『韓非子』外儲説左上、『三国志』呉志・孫奮伝など
  • 解釈:よい忠言は身のためになるが、聞くのがつらいというたとえ。
〔孔子家語、六本〕
孔子曰、良藥苦於口、而利於病。忠言逆於耳、而利於行。湯・武以諤諤而昌、桀・紂以唯唯而亡。
孔子こうしいわく、良薬りょうやくくちにがけれども、やまいあり。忠言ちゅうげんみみさからえども、おこないにあり。とう諤諤がくがくもっさかえ、けつちゅう唯唯いいもっほろびたり。
  • 諤諤 … はばからず、ありのままをはっきりと言うさま。
  • 唯唯 … 「はいはい」と何でも聞き入れ、人のいいなりになるさま。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ