>   故事成語   >   ら行・わ   >   塁を摩す

塁を摩す

るい
  • 出典:『春秋左氏伝』宣公十二年
  • 解釈:敵陣に迫る。地位や技量がほとんど同じ程度に達する。
許伯曰、吾聞、致師者、御靡旌摩壘而還。
許伯きょはくいわく、われく、いたものは、ぎょせいなびかせ、るいしてかえる、と。
  • 致師 … 挑戦する。
  • 御 … 御者。
  • 靡旌 … 旗をなびかす。
  • 摩塁 … 敵陣に接近する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ