>   故事成語   >   あ行   >   思い半ばに過ぐ

思い半ばに過ぐ

おもなかばに
  • 出典:『易経』繋辞下
  • 解釈:おおよその見当がつく。考えると得るところが多い。
噫亦要存亡吉凶、則居可知矣。知者觀其彖辭、則思過半矣。
ああ存亡そんぼう吉凶きっきょうようするは、すなわながらにしてし。知者ちしゃ彖辞たんじれば、すなわおもなかばにぎん。
  • 存亡 … 存続と滅亡。
  • 彖辞 … 周易の各卦のあらわす意味を判断した総論。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ