>   故事成語   >   ま行   >   孟母断機

孟母断機

孟母もうぼ断機だんき
  • 出典:『列女伝』母儀・鄒孟軻母、『蒙求』一三四 軻親断機
  • 解釈:孟子の母が、学業を途中で帰って来た孟子に、学業を途中でやめることはこれと同じだと、はたで織りかけていた糸を断ち切って戒めた故事。
〔蒙求、一三四 軻親断機〕
及孟子既學而歸、孟母問學所至。孟子曰、自若也。孟母以刀斷其織曰、子之廢學、若吾斷斯織也。孟子懼、旦夕勤學不息。師事子思、遂成名儒。君子謂、孟母知爲人母之道。
孟子もうしすでまなびてかえるにおよび、孟母もうぼがくいたところう。孟子もうしいわく、自若じじゃくたり、と。孟母もうぼかたなもっしょくちていわく、がくはいするは、われしょくつがごとし。孟子もうしおそれ、旦夕たんせき勤学きんがくしてまず。子思しし師事しじし、つい名儒めいじゅる。君子くんしいわく、孟母もうぼひとははるのみちれり、と。
  • 自若 … 少しも変わらない。進歩のないこと。
  • 織 … 織物。
  • 旦夕 … 終日。
  • 子思 … 孔子の孫。
  • 名儒 … 立派な儒学者。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ