>   故事成語   >   ま行   >   明窓浄机

明窓浄机

明窓めいそう浄机じょうき
  • 出典:欧陽おうようしゅうひつ
  • 解釈:勉学に適した、明るくて清潔な書斎。
  • 欧陽脩 … 北宋の政治家・文学者・学者。ウィキペディア【欧陽脩】参照。
  • 試筆 … 全文はウィキソース【試筆】参照。
〔學書為樂〕
蘇子美嘗言、明窓淨几、筆硯紙墨、皆極精良、亦自是人生一樂。
しょまなびてたのしみとす〕
蘇子美そしびかつう、明窓めいそう浄几じょうき筆硯ひっけん紙墨しぼくみな精良せいりょうきわむるは、おのずか人生じんせい一楽いちらくなり。
  • 蘇子美 … 北宋の詩人。蘇舜欽。子美はあざな。ウィキペディア【蘇舜欽】参照。
  • 明窓 … 明るい窓。
  • 浄几 … 清潔な机。「几」は「机」と同じ。
  • 筆硯 … 筆とすずり。
  • 紙墨 … 紙とすみ。
  • 精良 … すぐれてよいこと。
  • 一楽 … 一つの楽しみ。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ