>   故事成語   >   か行   >   肯綮に中る

肯綮に中る

肯綮こうけいあた
  • 出典:『荘子』養生主
  • 解釈:急所をつく。大切なところをおさえる。
臣之所好者道也。進乎技矣。始臣之解牛之時、所見無非牛者。三年之後、未嘗見全牛也。
しんこのところものみちなり。わざよりすすむ。はじしんうしときところうしあらざるものし。三年さんねんのちいまかつ全牛ぜんぎゅうず。
  • 臣 … 臣下が君主に対してへりくだっていう自称。
方今之時、臣以神遇、而不以目視。官知止而神欲行。
いまときあたり、しんしんもっぐうして、もっず。官知かんちとどまりて神欲しんよくく。
  • 神 … こころ。
  • 官知 … 感覚器官の働き。
  • 神欲 … 心の動き。
依乎天理、批大郤、導大窾。因其固然、技經肯綮之未嘗。而況大軱乎。
天理てんりり、大郤だいげきし、大窾だいかんみちびく。もとよりしかるにり、わざ肯綮こうけいることいまかつてせず。しかるにいわんや大軱だいこをや。
  • 批 … うつ。
  • 大郤 … 大きなすきま。
  • 大窾 … 大きな穴。
  • 肯綮 … 「肯」は骨についた肉、「綮」は肉と骨のつなぎめ。
  • 軱 … 大きな骨。
……文惠君曰、善哉。吾聞庖丁之言、得養生焉。
……文恵君ぶんけいくんいわく、きかな。われ庖丁ほうていげんき、せいやしなうをたり、と。
  • 文恵君 … 戦国時代、魏の恵王。ウィキペディア【恵王 (魏)】参照。
  • 庖丁 … 古代の有名な料理人。「てい」は人名。牛の解体に巧みだった。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ