>   故事成語   >   か行   >   剣を落として舟を刻む

剣を落として舟を刻む

けんとしてふねきざ
  • 出典:『呂氏春秋』察今
  • 解釈:一つの考えに固執ていろんな条件を考えないたとえ。「舟に刻みて剣を求む」も同じ。
楚人有渉江者。其劍自舟中墜於水。遽契其舟曰、是吾劍之所從墜也。舟止。從其所契者、入水求之。舟已行矣。而劍不行。求劍若此、不亦惑乎。
楚人そひとこうわたものり。けん舟中しゅうちゅうよりみずつ。にわかにふねきざみていわく、けんりてちしところなり、と。ふねとどまる。きざみしところものより、みずりてこれもとむ。ふねすでけり。しかるにけんかず。けんもとむることくのごときは、まどいならずや。
  • 契 … 刻む。
  • 惑 … 見当違い。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ