>   故事成語   >   か行   >   管を以て天を窺う

管を以て天を窺う

かんもってんうかが
  • 出典:『史記』扁鵲へんじゃく倉公そうこう列伝、『荘子』秋水
  • 解釈:管の穴から天をのぞく。視野が狭いこと。管見。
〔史記、扁鵲伝〕
扁鵲仰天歎曰、夫子之爲方也、若以管窺天、以郄視文。
扁鵲へんじゃくてんあおぎてたんじていわく、夫子ふうしほうたるや、かんもってんうかがい、げきもっあやるがごとし。
  • 扁鵲 … 戦国時代、ていの名医。ウィキペディア【扁鵲】参照。
  • 郄 … 「隙」と同じ。すき間。
  • 文 … 模様。
〔荘子、秋水〕
子乃規規然、而求之以察、索之以辯。是直用管闚天、用錐指地也。不亦小乎。
すなわ規規然ききぜんとして、これもとむるにさつもってし、これもとむるにべんもってす。かんもちいててんうかがい、きりもちいてすなり。しょうならずや。
  • 子 … あなた。
  • 規規然 … こせこせしたさま。
  • 察 … 推察。
  • 弁 … 弁論。
  • 用錐指地 … きりで地を突きさしてその深さを測る。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ