>   故事成語   >   か行   >   管鮑の交わり

管鮑の交わり

管鮑かんぽうまじわり
  • 出典:『史記』管晏列伝
  • 解釈:お互いを理解しあった、きわめて親密な交際。
管仲夷吾者、潁上人也。少時常與鮑叔牙游。鮑叔知其賢。管仲貧困、常欺鮑叔、鮑叔終善遇之、不以爲言。
管仲かんちゅう夷吾いごは、えいほとりひとなり。わかかりしときつね鮑叔牙ほうしゅくがあそぶ。鮑叔ほうしゅくけんなるをる。管仲かんちゅう貧困ひんこんつね鮑叔ほうしゅくあざむくも、鮑叔ほうしゅくついこれぐうし、もっげんさず。
  • 管仲夷吾 … 春秋時代の斉の宰相。仲は字。夷吾は名。
  • 潁 … 川の名。淮水の支流。
  • 鮑叔牙 … 春秋時代の斉の大夫。牙は名。管仲の親友。
已而鮑叔事齊公子小白、管仲事公子糾。及小白立爲桓公、公子糾死、管仲囚焉。鮑叔遂進管仲。管仲既用、任政於齊。齊桓公以霸。九合諸侯、一匡天下、管仲之謀也。
すでにして鮑叔ほうしゅくせい公子こうし小白しょうはくつかえ、管仲かんちゅう公子こうしきゅうつかう。小白しょうはくちて桓公かんこうり、公子こうしきゅうするにおよび、管仲かんちゅうとらえらる。鮑叔ほうしゅくつい管仲かんちゅうすすむ。管仲かんちゅうすでもちいられ、まつりごとせいにんず。せい桓公かんこうもったり。諸侯しょこう九合きゅうごうし、天下てんか一匡いっきょうしたるは、管仲かんちゅうはかりごとなり。
  • 已にして … そのうちに。
  • 小白 … のちに斉の君主となる桓公の名。
  • 糾 … 小白の庶兄。
  • 九合 … 集めあわせる。
  • 一匡 … 秩序をたてて天下を統一すること。
管仲曰、吾始困時、嘗與鮑叔賈。分財利、多自與。鮑叔不以我爲貪。知我貧也。吾嘗爲鮑叔謀事而更窮困。鮑叔不以我爲愚。知時有利不利也。吾嘗三仕三見逐於君。鮑叔不以我爲不肖。知我不遭時也。
管仲かんちゅういわく、われはじくるしみしときかつ鮑叔ほうしゅくす。財利ざいりかつに、おおみずかあたう。鮑叔ほうしゅくわれもったんさず。ひんなるをれればなり。われかつ鮑叔ほうしゅくためことはかるも、さら窮困きゅうこんす。鮑叔ほうしゅくわれもっさず。とき利不利りふりるをれればなり。われかつたびつかたびきみわる。鮑叔ほうしゅくわれもっ不肖ふしょうさず。ときわざるをれればなり。
  • 賈す … 商売をする。賈は店を持つもの。商は行商。
吾嘗三戰三走。鮑叔不以我爲怯。知我有老母也。公子糾敗、召忽死之。吾幽囚受辱。鮑叔不以我爲無恥。知我不羞小節、而恥功名不顯于天下也。生我者父母、知我者鮑子也。
われかつたびたたかいてたびはしる。鮑叔ほうしゅくわれもっきょうさず。われ老母ろうぼるをれればなり。公子こうしきゅうやぶれ、召忽しょうこつこれす。われ幽囚ゆうしゅうせられはずかしめをく。鮑叔ほうしゅくわれもっ無恥むちさず。小節しょうせつじずして、功名こうめい天下てんかあらわれざるをずるをれればなり。われみしもの父母ふぼなるも、われれるもの鮑子ほうしなり、と。
  • 怯 … 臆病。
  • 召忽 … 斉の大夫。管仲の同僚。
  • 小節 … 小さな義理立て。
鮑叔既進管仲、以身下之。子孫世祿於齊、有封邑者十餘世、常爲名大夫。天下不多管仲之賢、而多鮑叔能知人也。
鮑叔ほうしゅくすで管仲かんちゅうすすめ、もっこれくだる。子孫しそんよよせいろくせられ、封邑ふうゆうたもつこと十余世じゅうよせいつね名大夫めいたいふたり。天下てんか管仲かんちゅうけんとせずして、鮑叔ほうしゅくひとるをとす。
  • 世 … 代々。
  • 封邑 … 領地。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ