>   故事成語   >   あ行   >   一顰一笑

一顰一笑

一顰いっぴん一笑いっしょう
  • 出典:『韓非子』内儲説
  • 解釈:顔をしかめたり、笑ったりすること。人のちょっとした表情の変化。「明主は一顰一笑をしむ」とも。
吾聞、明主之愛一嚬一笑。嚬有爲嚬、而笑有爲笑。
われく、明主めいしゅ一嚬いっぴん一笑いっしょうしむと。ひんするはためひんするり、しこうしてわらうはためわらり。
  • 嚬 … まゆをひそめる。顔をしかめる。顰と通用する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ