>   故事成語   >   あ行   >   一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う

一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う

一犬いっけんきょゆれば万犬ばんけんじつつた
  • 出典:『潜夫論』賢難
  • 解釈:一人がうそを言うと、世間の多くの人はそれを真実のこととして広めてしまうということのたとえ。「一犬形に吠ゆれば百犬声に吠ゆ」「一人虚を伝うれば万人実を伝う」とも。
諺曰、一犬吠形、百犬吠聲。世之疾、此固久矣哉。
ことわざいわく、一犬いっけんかたちゆれば、百犬ひゃっけんこえゆ、と。しつもとよりひさしいかな。
  • 形 … 物の影。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ