>   故事成語   >   は行   >   顰みに倣う

顰みに倣う

ひそみになら
  • 出典:『荘子』天運
  • 解釈:事の善し悪しを考えず、むやみに人のまねをする。また、他人にならって自分もそうすることを謙遜していう言葉。「西施の顰みに倣う」とも。
西施病心而矉其里、其里之醜人見而美之、歸亦捧心而矉其里。其里之富人見之、堅閉門而不出。貧人見之、挈妻子而去之走。彼知矉美、而不知矉之所以美。
西施せいしむねみてさとひんするに、さと醜人しゅうじんこれとし、かえりてむねほうじてさとひんす。さと富人ふじんこれかたもんじてでず。貧人ひんじんこれ妻子さいしひっさげてこれりてはしる。かれひんなるをるも、ひんなる所以ゆえんらず。
  • 西施 … 春秋時代の越の美女。
  • 矉 … 顔をしかめること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ