>   故事成語   >   は行   >   筆耕

筆耕

筆耕ひっこう
  • 出典:任昉じんぼうしょう揚州ようしゅうためすすむるひょう(爲蕭揚州薦士表)」(『文選』巻三十八)
  • 解釈:写字や清書をすることによって収入を得ること。また、その人。
理尚棲約、思致恬敏。既筆耕爲養、亦傭書成學。
棲約せいやくたっとび、おもいは恬敏てんびんいたす。すで筆耕ひっこうしてやしないとし、傭書ようしょしてがくす。
  • 棲約 … 質素。
  • 恬敏 … 心静かでゆきとどく。
  • 傭書 … やとわれて、文書の書き写しをする。筆耕。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ