>   故事成語   >   か行   >   牛首を懸けて馬肉を売る

牛首を懸けて馬肉を売る

牛首ぎゅうしゅけて馬肉ばにく
  • 出典:『晏子春秋』内篇、雑下六、一
  • 解釈:牛の首を店頭に懸けて実は馬の肉を売る。名実が伴わないこと。「羊頭を掲げて狗肉を売る」とほぼ同じ。
靈公好婦人而丈夫飾者。國人盡服之。公使吏禁之曰、女子而男子飾者、裂其衣斷其帶。裂衣斷帶、相望而不止。
霊公れいこう婦人ふじんにして丈夫じょうふかざりするものこのむ。国人こくじんことごとこれふくす。こうをしてこれきんぜしめていわく、女子じょしにして男子だんしかざりするものは、の衣を裂きおびたん、と。ころもおびつも、あいのぞみてまず。
  • 霊公 … 春秋時代、斉の君主。
  • 丈夫 … 一人前の男子。
晏子見。公問曰、寡人使吏禁女子而男子飾、裂斷其衣帶、相望而不止者何也。
晏子あんしまみゆ。こういていわく、寡人かじんをして女子じょしにして男子だんしかざりするをきんじ、衣帯いたい裂断れつだんせしむるに、あいのぞみてまざるものは、なんぞや、と。
  • 晏子 … 斉の宰相。晏嬰の尊称。字は仲、諡は平、通常、晏平仲とよぶ。
  • 寡人 … 諸侯が自分を謙遜していうことば。
晏子對曰、君使服之於内、而禁之於外。猶懸牛首于門而賣馬肉於内也。公何以不使内勿服。則外莫敢爲也。
晏子あんしこたえていわく、きみこれうちふくせしめて、これそときんず。牛首ぎゅうしゅもんけて馬肉ばにくうちるがごとし。こうなにもっうちをしてふくすることからしめざる。すなわそとえてすことからん、と。
公曰、善。使内勿服。踰月而國莫之服。
こういわく、し、と。うちをしてふくすることからしむ。つきえてくにこれふくすることし。
  • 月 … 一ヶ月。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ