>   故事成語   >   は行   >   刎頸の交わり

刎頸の交わり

刎頸ふんけいまじわり
  • 出典:『史記』廉頗藺相如列伝、『十八史略』春秋戦国・趙
  • 解釈:友のためなら首を斬られても決して悔いないほどの、固い友情で結ばれた交際。
〔十八史略、春秋戦国、趙〕
相如曰、夫以秦之威、相如廷叱之、辱其羣臣。相如雖駑、獨畏廉將軍哉。顧念強秦不敢加兵於趙者、徒以吾兩人在也。今兩虎共鬭、其勢不倶生。吾所以爲此者、先國家之急、而後私讐也。
相如しょうじょいわく、しんもってすら、相如しょうじょこれ廷叱ていしつして、群臣ぐんしんはずかしむ。相如しょうじょなりといえども、ひとれん将軍しょうぐんおそれんや。顧念こねんするに強秦きょうしんえてへいちょうくわえざるものは、ただ両人りょうにんるをもってなり。いま両虎りょうこともたたかわば、いきおともきず。われこれ所以ゆえんものは、国家こっかきゅうさきにして、私讐ししゅうのちにするなり、と。
  • 相如 … 戦国時代の趙の名臣、りん相如。
  • 廷叱 … 朝廷において多くの人のいる面前で叱る。
  • 駑 … 人の能力が劣るさま。
  • 廉将軍 … 戦国時代の趙の武将、廉頗れんぱ
頗聞之、肉袒負荊、詣門謝罪。遂爲刎頸之交。
これき、肉袒にくたんしてけいい、もんいたってつみしゃし、つい刎頸ふんけいまじわりをす。
  • 頗 … 廉頗。
  • 肉袒 … 肌ぬぎとなる。謝罪などの意思表示として行なう。
  • 負荊 … 罪人を罰するためのいばらの杖を背負う。深く自分の罪をわびること。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ