>   故事成語   >   は行   >   風馬牛

風馬牛

風馬牛ふうばぎゅう
  • 出典:『春秋左氏伝』僖公四年
  • 解釈:遠く離れていること。無関係であることのたとえ。
[傳]
四年、春、齊侯以諸侯之師侵蔡。蔡潰。遂伐楚。
四年よねんはる斉侯せいこう諸侯しょこうひきいてさいおかす。さいついゆ。ついつ。
  • 斉侯 … 斉の君主、桓公。在位前685~前643。
  • 蔡 … 周代の国名。今の河南省上蔡県の西南にあった。
楚子使與師言曰、君處北海、寡人處南海、唯是風馬牛不相及也。
楚子そしわしめていわく、きみ北海ほっかいり、寡人かじん南海なんかいり、ふうする馬牛ばぎゅうあいおよばざるなり。
  • 楚子 … 楚の成王。
  • 師と … 諸侯の軍に向かって。
  • 寡人 … 諸侯が自分を謙遜していうことば。徳の少ない人、の意。
  • 風する … さかりがついた。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ