>   故事成語   >   た行   >   男女室に居るは、人の大倫なり

男女室に居るは、人の大倫なり

男女だんじょしつるは、ひと大倫たいりんなり
  • 出典:『孟子』萬章上
  • 解釈:男女が部屋を同じくする。すなわち結婚するということは、人の道として最も重要なことだ。
萬章問曰、詩云、娶妻如之何。必告父母。信斯言也、宜莫如舜。舜之不告而娶、何也。
万章ばんしょううていわく、う、つまめとるにはこれ何如いかんせん。かなら父母ふぼぐ、と。げんしんぜば、よろしくしゅんごとくなることかるべし。しゅんげずしてめとるは、なんぞや、と。
  • 万章 … 孟子の弟子。
  • 詩 … 『詩経』国風・南山の篇。
  • 舜 … 古代の聖天子。ウィキペディア【舜】参照。
孟子曰、告則不得娶。男女居室、人之大倫也。如告、則廢人之大倫、以懟父母、是以不告也。
孟子もうしいわく、ぐればすなわめとることをず。男女だんじょしつるは、ひと大倫たいりんなり。ごとぐれば、すなわひと大倫たいりんはいし、もっ父母ふぼうらみん、ここもっげざるなり、と。
  • 大倫 … 人として行うべき重要な道。
  • 懟 … うらむ。類義語「怨」「恨」。
  • 是以 … 「ここをもって」と読み、「それゆえに」「だから」と訳す。「以是」は「これをもって」と読み、「この点から」「これにより」と訳す。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ