>   故事成語   >   た行   >   断腸

断腸

断腸だんちょう
  • 出典:『世説新語』黜免
  • 解釈:はらわたがちぎれるほど、非常に悲しんだり苦しんだりするさま。
桓公入蜀、至三峽中。部伍中有得猿子者。其母縁岸哀號、行百餘里不去。遂跳上船、至便即絶。
桓公かんこうしょくり、三峡さんきょううちいたる。部伍ぶごなか猿子えんしものり。ははきしりて哀号あいごうし、くこと百余里ひゃくよりにしてらず。ついおどりてふねのぼり、いたれば便即すなわゆ。
  • 桓公 … 東晋の武将、桓温。
  • 三峡 … 長江の上流にある三つの峡谷のこと。
  • 部伍 … 部隊。
破視其腹中、腸皆寸寸斷。公聞之怒、命黜其人。
やぶりてはらなかれば、はらわた寸寸すんずんえたり。こうこれきていかり、めいじてひとしりぞけしむ。
  • 寸寸 … ずたずたに。
  • 黜 … 罷免する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ