>   故事成語   >   た行   >   知音

知音

知音ちいん
  • 出典:『列子』湯問、『呂氏春秋』本味、『蒙求』一一八 伯牙絶絃
  • 解釈:よく理解しあった親友。
〔蒙求、一一八 伯牙絶絃〕
列子曰、伯牙善鼓琴、鍾子期善聽。伯牙鼓琴、志在高山、子期曰、善哉峩峩乎若泰山。志在流水、子期曰、善哉洋洋兮若江河。伯牙所念、子期必得之。
列子れっしいわく、伯牙はくがことし、鍾子期しょうしきく。伯牙はくがことするに、こころざし高山こうざんれば、子期しきいわく、かな峨峨ががとして泰山たいざんごとし、と。こころざし流水りゅうすいれば、子期しきいわく、かな洋洋ようようとして江河こうがごとし、と。伯牙はくがおもところは、子期しきかならこれたり、と。
  • 伯牙 … 春秋時代の琴の名人。
  • 鼓 … 弾くに同じ。
  • 鍾子期 … 春秋時代の楚の人。
  • 峨峨 … 山が高く険しい様子。
  • 泰山 … 山名。五岳の一つ。山東省泰安市にある。
  • 洋洋 … 広々として果てしないさま。
  • 江河 … 大きな川。
呂氏春秋曰、鍾子期死。伯牙破琴絶絃、終身不復鼓琴。以爲無足爲鼓者。
呂氏春秋りょししゅんじゅういわく、鍾子期しょうしきす。伯牙はくがことやぶげんちて、終身しゅうしんことせず。以為おもえらく、ためするにものし、と。
  • 以為えらく … 思うことには。考えてみると。
  • 為に鼓するに足る … その人のために弾いてやるに値する。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ