>   故事成語   >   は行   >   墨守

墨守

墨守ぼくしゅ
  • 出典:『墨子』公輸こうしゅ
  • 解釈:自分の説や態度をかたくなに守ること。
子墨子解帶為城、以牒為械。公輸盤九設攻城之機變、子墨子九距之。公輸盤之攻械盡、子墨子之守圉有餘。
子墨子しぼくしおびきてしろし、ちょうもっかいす。公輸盤こうしゅはんここのたびしろむるの機変きへんもうけしも、子墨子しぼくしここのたびこれふせぐ。公輸盤こうしゅはん攻械こうかいきて、子墨子しぼくし守圉しゅぎょあまり。
  • 子墨子 … 墨子の尊称。
  • 牒 … 小さな木札。
  • 公輸盤 … 春秋時代の魯の工匠。姓は公輸こうしゅ、名は般。魯班とも。
  • 機変 … 臨機応変。
  • 攻械 … 攻め道具。
  • 守圉 … 防御。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ