>   故事成語   >   あ行   >   危うきこと累卵の如し

危うきこと累卵の如し

あやうきこと累卵るいらんごと
  • 出典:『韓非子』十過、『史記』范雎蔡沢列伝、他
  • 解釈:卵を積みかさねたように、いつ崩れるかわからないような、きわめて危険な状態のたとえ。「累卵の危うき」とも。
〔韓非子、十過〕
故曹小國也、而迫於晉楚之間、其君之危猶累卵也。
ゆえそう小国しょうこくにして、しんあいだせまる、きみあやうきこと累卵るいらんのごときなり。
  • 累卵 … 積みかさねた卵。
〔史記、范雎蔡沢列伝〕
秦王之國、危於累卵
秦王しんおうくには、累卵るいらんよりもあやうし。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ