ホーム > 論語 > 為政第二 >   10

論語 為政第二 10

02-10 子曰。視其所以。觀其所由。察其所安。人焉廋哉。人焉廋哉。
いわく、もってするところところやすんずるところさっすれば、ひといずくんぞかくさんや、ひといずくんぞかくさんや。
  • 視 … 注意してよく観察する。
  • 以 … 古注では「以は用なり」とあり、「もちうる」と訓読できる。新注では「以は為なり」とあり、「す」と訓読できる。
  • 観 … 広く詳らかに観察する。
  • 由 … 古注では「由は経なり」とあり、「これまでの経歴」と解釈している。新注では「由は従なり」とあり、「行為の原因・動機」と解釈している。
  • 察 … 心の中までより詳らかに観察する。
  • 安 … 新注では「安は楽しむ所なり」と解釈している。
  • 焉~哉 … 「いずくんぞ~や」と読み、「どうして~であろうか(いや~でない)」と訳す。反語形。「安~哉」と同じ。
  • 廋 … 古注・新注ともに「廋は匿なり」とある。かくす。
  • 人焉廋哉、人焉廋哉 … 漢石経せっけいでは「人焉廋哉、人焉廋」に作り、句末の「哉」字なし。このあたりの消息については、武内義雄『論語之研究』(岩波書店、1937年)「漢石經論語殘字攷」297~298頁参照。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。人間のねうちというものは、その人が何をするのか、何のためにそれをするのか、そしてどのへんにその人の気持の落ちつきどころがあるのか、そういうことを観察してみると、よくわかるものだ。人間は自分をごまかそうとしてもごまかせるものではない。決してごまかせるものではない」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十